Koshidaka RECRUITING Website

仲間を知る

PERSON

R.I(29歳)

首都圏第五営業部

エリアマネージャー

第一線で活躍する女性社員の
ロールモデルになりたい!

自分が成長できる会社だと直感

アパレルでのアルバイト経験で接客の楽しさを知ったので、就職でも人と接する仕事を探していました。もともとカラオケが好きだったこともあり、転職サイトで当社を知って応募。面接を通して、お客様をとても大切にしていること、女性の活躍を推進していることが伝わってきました。入社の一番の決め手は、年齢や経歴に関係なく実力で評価される点で、自分自身の成長につながる会社だと感じたことです。また、3年後5年後と自分の将来を考えた時に、現場を極める、マネジメント、独立制度、海外勤務といった多彩なキャリアコースが用意されていることも魅力的に感じました。

成果が認められ、5年でエリアマネージャーに

これまでのキャリアで一番嬉しかったのは、店長として配属された14ルームの店舗で1日に100万円を売り上げたこと。約8ヶ月間スタッフのみんなと準備してきたので、達成したときの嬉しさはひとしおでした。きちんと評価をしてくれる会社なので、成果は昇給や賞与に反映されます。私はこの出来事が昇格にもつながったのではと思っています。2017年に上席店長となり、2020年からはエリアマネージャーを任されています。エリアマネージャーは、店長と違って自分の管轄エリア各店の売上管理や人財育成など、全体の水準を高めていくことを求められるので、今まで以上に広い視野が必要です。戸惑うこともたくさんありますが「常に前向きでチャレンジしていくチーム」を目指し、時には自分自身も店舗シフトに入ることで、現場からヒントを得て、店長やスタッフのみんなと共に試行錯誤を繰り返しながら日々頑張っています。

女性が安心して長く働ける環境づくりを

私の休日は、管轄エリアの店舗の人員状況を見ながら決めるので、ほとんど平日になるのですが、実は平日休みを堪能しています(笑)。混雑を避けて人気スポットに出かけたり、平日特有のお得な割引を利用して浮いたお金を貯蓄に回したりしています。男女関係なく活躍できるのが当社の魅力のひとつ。「女性だから」と業務範囲を制限されることなく、責任のある立場で仕事をさせてもらうなど、いろんな経験をさせていただいています。以前より女性社員が増えてきたので、ライフステージの変化があっても会社の制度などを活用して、仕事を続けていけるような環境を整えられたらと思っています。私も第一線で活躍している姿を見せられるロールモデルになりたいですね。この仕事をずっと続けていきたいです!

※所属や役職、インタビュー内容は、2021年6月時点のものです。
s