Koshidaka RECRUITING Website

仲間を知る

PERSON

K.K(24歳)

首都圏標準店

社員

アルバイトスタッフから社員に
自分の将来をイメージできたので入社を決意

卒業のタイミングで営業部長や店長に勧められて入社を決意

大学生の時にまねきねこの首都圏店舗でアルバイトスタッフとして働いていました。店長やチーフと一緒にフロントを切り回しながら最高日商更新にチャレンジするなど充実した日々を送っていましたが、いざ就職となると「定年まで安定した会社で勤務できること」を重視し、歴史ある大企業を中心に就職活動を行っていました。そんな中、営業部長や店長から入社を勧められたのですが、「Kさんにはスタッフでの経験を活かして最短で店長になってもらい、その後上席店長、エリアマネージャーといったマネジメント層を目指して欲しい」という話をいただき、店長になった後のキャリアまで考えてくれていて、自分の将来のイメージができたことが入社の決め手になりました。

店長として新店立ち上げが当面の目標

入社後は「まねき塾」で約10日間の新入社員研修を受けた後、来客数がトップクラスの首都圏大型店に配属され、約半年間、店長からマンツーマンで仕事を教わりました。アルバイトの時とは違って、自らのオペレーションスキルの向上、店舗の売上、スタッフの育成など様々な事を考えるようになりました。2月から社員として今の店舗を任されていますが、ここに至るまで「まねき塾」での泊り込み研修やWebでのフォローアップ、営業部ごとの実践的な勉強会など手厚いバックアップ体制が整っていたので、入社1年目の私でも安心して取り組むことができます。また、当社はコロナ禍の中でも新規出店を積極的に行っています。新店立ち上げは、ゼロからのスタートなので大変なパワーが必要ですが、特別な喜びがあります。いつの日か店長として新店を立ち上げることを目標に、他のまねきねこやライバル店にも足繁く通って情報収集に励んでいます。

全社員が参加する新年会・成果発表会が楽しみ

当社の社員約800人は全国500店舗に散らばっていますが、年に一度、1月に行う新年会・成果発表会で全社員が一堂に会します。2020年に内定者として参加させていただきましたが、会の内容は盛り沢山で、優秀な成績を収めた店舗の表彰だけでなく、「こんなことまでやっていいの?!」といった余興もあり、エンターテイメント業にふさわしいエンターテイナーがたくさんいる会社だなと感じました(笑)。2021年は開催できませんでしたが、コロナ禍が終息し、またみんなで集まる日が来ることを楽しみにしています。

※所属や役職、インタビュー内容は、2021年6月時点のものです。
s