Koshidaka RECRUITING Website

仲間を知る

PERSON

Y.W(37歳)

九州営業部

営業部長

手を抜かずコツコツ続けることが大事
スピードは遅くても、大きな自信につながる

経営理念に共感

2010年の中途入社です。「人と関わる仕事がしたい」と漠然と思いながら、サービス業の求人を探したところコシダカを見つけました。「お客様に喜びを与えることである」「私達ならびに関連する人々を幸せにすることである」という経営理念を見た時に、お客様のことはもちろん、働く人のことも大切に考えている企業だと感じました。面接を通じて海外への出店計画や新サービスを知り、将来性を感じたこと、さらには未経験者でも手厚いサポートがあるので歓迎するとおっしゃってくれたことが決め手になりました。実際、入社した後は、全社で行う新入社員研修に加え、所属する営業部主催の勉強会に参加することで、現場での業務を覚えるだけでなく、社会人としてのマナーや考え方、仕事への取り組み等、多くの基礎を学ぶことが出来ました。

個人の成長なくして組織の発展や業績の伸長はない

九州営業部長として九州全域の店舗マネジメントを任されています。日常は「売上を高める」「九州エリアのまねきねこ店舗を大きく増やす」「会社の成長に貢献する」という営業部のビジョンに基づいた詳細な目標設定をし、副部長やエリアマネージャーたちと達成に向けての戦略や戦術を練った上で率先垂範して動いています。特に就任後、力を入れ続けていることは「強いチーム作り」です。現場スタッフのポジティブなマインドは売上に直結しますし、各個人の成長なくして組織の発展や業績の伸長は出来ないと思っています。今日の私があるのは、会社の諸先輩たちが私に多くのことを教えてくれたり、充実した環境を用意してくれたり、道を示してくれたからです。部下にも同じ経験をさせたいので、一人一人としっかり向き合い、ちょっとした変化を見逃さないように心がけています。

努力は決して裏切らず、自信につながる

童話の「うさぎとかめ」ではありませんが、同期の多くが1年足らずで店長へ昇格していく中、私は足りない部分が多かったので、店長になるまで1年半以上かかりました。店長になってからも数年は大きな成果や結果を出すことが出来ませんでした。しかし、人を羨ましがることはせず、常に昨日より成長できたかということに目線を合わせ、目の前の仕事にコツコツと打ち込んできました。周囲よりスピードは遅いかもしれませんが、確実に成長できたと実感しています。同時に、目の前のお客様に対し、手を抜かず全力で向き合ってきたことが、接客業に携わる者としての自信となっています。

※所属や役職、インタビュー内容は、2021年6月時点のものです。
s