Koshidaka RECRUITING Website

仲間を知る

PERSON
Rie Itadera

板寺 李恵 (28歳)

首都圏大型店

上席店長

第一線で活躍する女性社員の
ロールモデルになりたい!

女性が活躍できる会社だと直感

アパレルでのアルバイト経験で接客の楽しさを知ったので、就職でも人と接する仕事を探していました。もともとカラオケが好きだったこともあり、転職サイトで当社を知って応募。面接を通して、お客様をとても大切にしていること、女性の活躍を推進していることが伝わってきたため、入社を決めました。入社後は、店舗でマニュアルと育成チェックシートに沿って実務を教えていただきました。1ヶ月目は経営理念の理解やルームチェック、デリバリー。2ヶ月目は受付・会計や清掃。3ヶ月目は忘れ物の管理や店長業務など。徐々にできることが増えていくのがとても楽しかったです。上長やスタッフたちがたくさん話しかけてくれたので、環境にもすぐに慣れることができましたね。

成果が認められ、2年で上席店長に

これまでのキャリアで一番嬉しかったのは、店長として配属された14ルームの店舗で1日に100万円を売り上げたこと。約8ヶ月間スタッフのみんなと準備してきたので、達成したときの嬉しさはひとしおでした。きちんと評価をしてくれる会社なので、成果は昇給や賞与に反映されます。私はこの出来事が昇格にもつながったのではと思っています。2017年に上席店長になり、それまでやっていた店長業務以外に、部下社員の育成にも携わるようになりました。きれいにした店舗でお客さまをおもてなしし、笑顔になって帰っていただけるよう、自分がお手本になるように頑張っています。

女性が安心して長く働ける環境づくりを

男女関係なく活躍できるのが当社の魅力のひとつ。「女性だから」と業務範囲を制限されることなく、責任のある立場で仕事をさせてもらったり、小規模な店舗から大型店舗まで幅広く任せてもらえたりと、いろんな経験をさせていただいています。今後はエリアマネージャーなど、さらに上のステップを目指したいです。以前より女性社員が増えてきたので、ライフステージの変化があっても会社の制度などを活用して、仕事を続けていけるような環境を整えられたらと思っています。私も第一線で活躍している姿を見せられるロールモデルになりたいですね。この仕事をずっと続けていきたいです!

※所属や役職、インタビュー内容は、2020年1月時点のものです。

他のインタビューを見る