Koshidaka RECRUITING Website

仲間を知る

PERSON
Shiori Sawata

澤田 栞 (24歳)

まねき塾

社員

自分が受けた研修をする側になるとは!
入社1年で大きく成長できた

これからどんな風に成長していけるかが楽しみ

「まねき塾」という新人教育専門のセクションで、教育や採用、お店のルールづくりをしている方たちのサポートを行なっています。資料づくりなど事務的な業務がメインですが、店舗のサポートに行くこともあります。入社2年目の4月には、新人研修で講義をさせていただきました。内容は接客の基本や受付での動作など、約10講義分。以前のものを参考にしながら自分なりに工夫して資料をつくり、皆さんの前で話すシミュレーションをして臨みました。まさか自分が受けた研修を、1年後やる側になるとは思っていませんでしたね。この経験は自分を大きく成長させてくれました。1年間でこれほど成長できたので、これからどれだけ成長できるのか楽しみです。

不安と緊張の就職。社宅制度が上京の後押しに

就職と同時に岩手から東京へ出てきたい気持ちはありましたが、ずっと実家暮らしで、地元を一度も離れたことがなかったのでとても不安でした。しかし、当社には社宅があることを知り、慣れない土地で物件探しをする必要がなく、都内で交通の利便性も良い場所に安く住めるということが、上京を後押ししてくれました。不安なことといえば、もともとコミュニケーションが苦手だったこと。周りとうまくやっていけるかも気がかりでしたが、仲良しの同期もできて塾長や講師の方々も親身になって教えてくださったので、すぐに不安は解消されました。今の仕事はしっかり業務を終えれば定時で帰宅できて、プライベートも充実させられていいです。最近、私用で長めに会社を休まないとならないことがあったのですが、長めの有休休暇をこころよく受け入れてくださり、目的を達成できて感謝しています。

「まねき塾」で学んだことを、より良いお店づくりに活かす

上長や先輩はいつも見守ってくれ、成果を出したらきちんと評価してくれます。口調やマナーなど、自分ではなかなか気づけないことを指摘していただけるのもありがたいですね。学生時代には考えていなかった、丁寧な言葉遣いや報連相を心がけるようになりました。将来的には、店舗で店長として働きたいと思っています。せっかく「まねき塾」でおもてなしの心や正しいオペレーションを学び、会社の方向性も肌で感じているので、それを現場の人たちに伝えてお店づくりに活かすことで、多くのお客様に喜んでいただけたら嬉しいですね。もっと個人的なことでいうと、「好きな女性アイドルと『まねきねこ』がいつかコラボしてくれたら…」という野望もこっそり抱いています(笑)。

※所属や役職、インタビュー内容は、2020年1月時点のものです。

他のインタビューを見る